Category[ 関数電卓 ]の記事一覧

| 古い記事へ>
 
 

[スポンサー広告] スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[関数電卓] CASIOfx-991ESの後継機『fx-993ES』

2009年02月06日 16:16

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと198日

まさか、こんな夢の様な日が来るなんて!
関数電卓 CASIO fx-991ESの後継機CASIO fx-993ESを見つけてしまいました☆
すぐ買ってきました。

fx-991ESはメモリがABCDXYMの7個
に対して、なっ、なんと
fx-993ESはメモリがABCDEFXYMの9個ぉぅぅ!!!!!!!!!!!

[CASIOfx-991ESの後継機『fx-993ES』]の続きを読む
スポンサーサイト
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[関数電卓] CASIOfx-991ES二刀流

2008年12月15日 21:15

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと251日

ジャーーーン!

CASIOfx-991ES 2台

ついにCASIOfx-991ESもう1台購入しました。
別の機種にしようかとすごく迷ったのですが、最近とても使いやすくなってきたので、結局CASIOfx-991ESにしました。

二刀流の効果はまだ未知ですが、これから修行を重ねて行きたいと思います。

[関連記事]

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[関数電卓] 一日一問、計算方法は2種類以上!

2008年12月09日 22:26

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと257日

早いもので12月も中旬に差し掛かろうとしてます。
ブログも暫く放置してしまいましたが、ここ最近自分のブログにログインできない状態が続いて、これはFC2のサーバー上の問題だと思いますが、これが「無料」の恐ろしいところですね。
このまま、ログインできなくなったらブログ自体を削除することもできないし・・・冷汗タラタラでした。が!本日無事にログインできましたw
尚、コメントを書いても「過去の投稿と内容が重複しています。」というエラーが続く時があります。
コメントを書いて頂いた方でこのエラーがでてしまった方々、本当に申し訳ありません。原因は不明ですが、それについてもご迷惑お掛けします。


ブログを放置している間も勉強は何とか毎日してました。
土地の書式問題を何とかこなしている内に感じ始めたことがあります。

「複素数」です。

当ブログでも紹介した複素数による計算方法ですべての問題が解けるかというと、
実際はそうでもないと思います。
大変画期的な計算方法ではありますが、問題によっては複素数による計算方法にこだわりすぎると、逆に時間が掛かってしまう場合が多々あるはずです。
そして、学生の時に習った基本的な数学の公式だけでも、訓練によっては短時間で問題は解けるようになると感じました。

試験対策として、一つの書式問題(計算部分)においても、2つ以上の方法で解答を導きだす方法を習得しておいた方が有効的と判断して、時間がないときでも
「一日一問、計算方法は2種類以上」
みたいな感じで習慣づけて、毎日電卓に触れるようにしてます。

ちなみに、まだ電卓(CASIOfx-991ES) 1台でがんばってます。

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[関数電卓] 一般的な計算と複素数計算の計算スピード比較5 「面積計算」

2008年11月01日 18:05

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと295日

関数電卓CASIO fx-991ESでの複素数計算と一般的な計算方法との計算スピードを比較してみようと思います。

■面積計算の場合

[問題]
K1→K2→K3→K4→K5→K6→K1を順に結んだ直線で囲まれた土地の面積を求めなさい。そして、各辺長も求めなさい。

点名 X座標 Y座標
K1 79.25 38.33
K2 79.27 41.41
K3 61.78 50.69
K4 51.54 52.50
K5 50.00 50.00
K6 60.88 48.08


回数 一般的(COMP) 複素数(CMPLX)
タイム(秒) 正誤 タイム(秒) 正誤
1 61(面積)
87(辺長)
×
45(メモリ)
40(面積)
23(辺長)
×
×
×
2 68(面積)
80(辺長)

36(メモリ)
29(面積)
26(辺長)


3 65(面積)
75(辺長)
×
×
33(メモリ)
29(面積)
23(辺長)


4 55(面積)
75(辺長)

35(メモリ)
45(面積)
30(辺長)

×
5 56(面積)
72(辺長)

37(メモリ)
32(面積)
28(辺長)


この計算スピード比較にあたって、

  • 正誤とは、計算した答えメモリした値が○(正解)、×(間違い)
  • 一般的計算は求積時間と辺長時間に分けた。
  • 複素数計算はメモリ時間と求積時間と辺長時間に分けた。
  • 複素数計算はメモリ機能を使った。
  • 一般的計算、複素数計算と交互に計算した。

■結果



複素数の勝ち!!

最近の土地家屋調査士試験の書式問題の地積測量図作成において、求積表部分は省略OKみたいなので断然複素数有利!

■計算方法

メモ程度に書いておきます。

  • 一般的計算:Yn(Xn+1-Xn-1)の公式、辺長はPol機能を用いた。
  • 複素数計算:K1☆(K2)+K2☆(K3)...の公式を用いた。
    ☆の部分には、ある機能キーを入力しますが、この部分を商用されている方がいますので邪魔しないように秘密にしておきますが、自分はこちらのテキストで知りました(求積する形が三角形、四角形ならもっと早く計算できる方法も紹介してました。)


[関連記事]

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[関数電卓] 一般的な計算と複素数計算の計算スピード比較4 「交点計算(4点既知)」

2008年10月20日 19:41

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと307日

只今、建物の登記申請書練習をがんばっているので、ネタ切れ状態。

それでは、関数電卓の記事を久しぶりにアップします。
関数電卓CASIO fx-991ESで交点計算を複素数計算と一般的な計算方法との計算スピードを比較してみようと思います。

■直線ABと直線CDの交点Eを求める交点計算の場合(四点の座標が分かっている)

[問題]
直線ABと直線CDの交点Eを求めよ。(各点の座標値は図面参照)

交点計算画像

[一般的な計算と複素数計算の計算スピード比較4 「交点計算(4点既知)」 ]の続きを読む
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。