Category[ リサーチ ]の記事一覧

| 古い記事へ>
 
 

[スポンサー広告] スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[リサーチ] お久しぶりです!

2009年03月10日 21:22

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと166日

おひさしぶりです!
とても充実した勉強期間を送らせてもらいました。

中間試験の結果は
択一15問中12問!
書式は自己採点なので微妙ですが、土地はバッチリ!建物は最悪!
でした。

自己評価としては一応満足してます。
結局、自信がある部分は獲れて、自信のないところはダメ。

これからは難しい事は考えず、淡々とやるのみです。
余計な事を考えるくらいなら過去問を1問でも多くやった方が得点につながるんじゃないかというのが修羅(猛勉強)期間の感想です。

スポンサーサイト
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[リサーチ] イージーミスの傾向

2008年12月14日 18:37

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと252日

講座の小テストなどは、常に焦っています。
こんな時は必ずイージーミスが発生!!

前記事「土地家屋調査士試験の最大の敵はイージーミス!?」から自分のイージーミス一覧表みたいなものをまとめています。

イージーミス一覧表
申請書
3 登録免許税漏れ
2 「印」漏れ
3 申請書最下部「調査士~」漏れ
1 建物「番地」漏れ
計算
2 四捨五入ミス
1 トラバースの誤差配分の補正値配分ミス
1 真数座標をメモリ登録ミス
地積測量図
1 「地積=○○㎡」漏れ
1 辺長漏れ
2 杭種漏れ
建物図面
1 自地番漏れ
1 隣接地番漏れ
1 境界線からの距離漏れ
各階平面図
3 求積部分の「1階」「2階」漏れ
3 「床面積=○○㎡」漏れ

左側の数字はミス回数です。
実際はエクセルで簡単に作っていますが、今後もまとめていき、問題解答後に表を確認し焦る中でも、絶対にイージーミスを出さない事を徹底します。

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[リサーチ] 土地家屋調査士試験の最大の敵はイージーミス!?

2008年11月03日 19:51

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと293日

昨日に引き続き図書館へ行ってきました。
最近は書式問題の図面作成を重点的に学習しております。

計算問題においていくつかの練習問題や本試験の過去問を何度か繰り返してきたので、今日は復習の意味で「東京法経学院のオリジナルテキスト トレーニング演習編」
を一通り(本試験問題[昭和62年、平成8、16年、17年、18年])の計算部分を自分なりの試験形式で行いました。

自分なりの試験形式とは

  • 解説等は一切みない。
  • 計算方法にはこだわらない。
  • 1問のメモ等は、ノート1ページ分だけ。
  • 各問題に取り掛かる時から、答えを出し終わるまでの時間を計る。

結果としては全て解けました。正確には全て解けていました。十分に内容を理解しているのに、どうしても間違えてしまうのは何故でしょうか?
自分なり考えると

  1. 電卓の熟練度によるもの。
  2. 時間からの焦り。
  3. イージーミス。

電卓の熟練はこれからの反復練習でなんとかなるとして、試験に限らず仕事においても、イージーミスってありますよね。
土地家屋調査士試験は他の試験に比べ、択一問題やって2種類の書式問題やってとイージーミスが起こる要因が格段に多く存在すると思います。そして、試験の時間制限がイージーミス発生を加速させてしまう、まさに負の連鎖です。

「分かっている問題、簡単な問題なのに、間違えてしまう。」

1年に一度の土地家屋調査士試験をイージーミスだけでは終わらせたくないです。
日常の仕事でもイージーミス連発のミスターイージーミスのチョンゴにとってはどげんかせんといかん問題です。
これから、本土地家屋調査士試験で起こりうるイージーミスのポイントや傾向を徹底的に研究し対策していかんとですね。

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[リサーチ] 試験内容に対する試験時間を比較

2008年10月02日 16:48

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと325日

昨日、三日間かけて平成20年度土地家屋調査士本試験過去問の20問の択一問題を行いました。結果は20問中1問は正解でした。この結果に対しては別に気にしてないのは危機感が無いって事?

それよりも重大なことが、土地家屋調査士記述試験午前の部は

  • 5者択一問題20問
  • 書式問題2問

なんと!試験時間2時間30分(汗)
てことは、書式問題2問で1時間~1時間30分は掛かると仮定して、択一問題20問を

  • 1時間で終わらせるには1問3分
  • 1時間30分掛かってしまうと4.5分
  • 1問平均5分掛かれば1時間40分

試験経験者の方は「時間がない!」とよく言われますが、試験時間内に択一問題、書式問題を終了すこと自体困難な音速バトル試験だったとは・・・知らなかった。

やっぱり自分、危機感無さ過ぎっす↓

人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!

[リサーチ] 通学制の学校決定

2008年09月30日 10:00

平成21年土地家屋調査士試験筆記試験まで、あと327日

いよいよ9月も終わり、10月からは本格的に試験勉強をしてきたいと思います。

 ずっと検討している日建学院(家から通える範囲の通学校はここしかない。)についてですが、通学コースでの講義は、講師がいるわけでなくビデオ講座となっています。それでは、通学コースのメリットでもある「質問がその場で返答」がないって事!?それではDVDの通信講座でも変わらないと思います。今の心境は合格率85%の東京法経学院の通信講座にサヨナラ逆転負けしそうです。[詳しい記事]

 はっきりさせるために、退社後通学希望の日建学院に伺ってきました。突然訪れた輩にも大変親切に説明してもらい以下を質問させてもらいました。

  1. 不明な部分の質疑応答は?
    (答)講義日に質問は質問用紙にて事務へ提出し、回答は翌講義日に書面にて回答。
  2. その質問用紙で行う質疑応答に制限はあるのか?
    (答)約30回。
  3. 講座コースの変更は途中でできるか?(Webコースの追加)
    (答)可能。
  4. ビデオ講義の更新は?
    (答)毎年更新。
  5. 教材の配布が段階的ですが(例えば申し込み時はこれくらい、1月末にこれくらい)、予め全教材は受け取れないか?
    (答)不可能、理由として法令改正等に対応するため等
  6. それでは、1月末に配布部分はそれから学習すれば本試験に十分に間に合うという事ですか?
    (答)本人のやる気次第で十分間に合う。
  7. 5の続きで1月末に配布される教材までに、去年度の教材(法令改正した場合には対応してなくてもいいから)の貸し出しは可能か
    (答)不可能。

ということでした。
質問1、2は質問を郵送する手間もないし、書面で返答が返ってくればOK!
質問5、6、7の段階的な教材配布の件は、どの学校の通学、通信でも同じことが言えるので、まぁOK。

学習時間は通学の時間割りがもちろんありますが、通信は完全な自分のペース。
この「完全な自分のペース」ってのが、とても恐ろしい・・・言ってみれば、自分への甘えが一番恐ろしい。


よし!値段も高い、質問方法も不便、教材も段階的、しかし自分の意思とは関係ない時間割の強制感が自分にとって最重要!ということで

自分、
日研学院 土地家屋調査士本科コース
に申し込んじゃいました。


PS:この日建学院の土地家屋調査士講座は基本的に測量士、測量士補を取得済みの方向けです。


関連エントリー
人気ブログランキングに投票!ポチっFC2ブログランキングに投票!ポチっ日本ブログ村ランキングに投票!ポチっ ← このクリックが全ての支えです!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。